なかなか思うように体重が落ちない時は…

避けては通れないのが体重の減少が停滞してしまう時期です。
こんな状態の時にどうすればいいのかと言うと、この状態で減量をやめてしまう人もいますが、無理をせずに継続していくのがポイントです。
もし、運動量が減ったのなら、食事だけはカロリーに注意したり、食事に気を配らないのなら、運動だけでも継続しましょう。

基本的にこれさえ食べれば痩せるという食べ物はありません。
しかし、カロリーが低いものや、食物繊維を多く含有していて、お通じを促進してくれるものはダイエット、痩せるのに効果がありますよね。
あなたもご存知のように、野菜やきのこ類、海藻類を積極的に取り入れると、体重の増加を抑えてくれるでしょう。

加えて、できる限り、太りやすい食べ物を制限することも大切です。
昔、炭水化物を少なくする方法で食事制限をしたことがあります。
しっかり噛むことで、充足感を満たそうとしたけれど、困難だったです。

日本の人間なので、時には、ガツンと白いごはんを恋しく思います。
だから、現在は、夜のみ炭水化物のものの飲食を控えるけれど、朝と昼は何も気にせずに、ちゃんと食べるようにしています。
この間、私はダイエットを決意した時、家の中でもできるダイエット手段として腕立て伏せや腹筋、スクワットなどのトレーニングを行い、筋肉の量を増加することでからだの中の代謝が上がりやすい状態にした後に、少々速足での散歩を30分以上しました。

私の場合、これを毎日、毎日実行することで、2ヶ月で5キロの減量に成功しましたが、続けることは根気がいりました。
痩せるためにはまずは無理をし過ぎないことです。
食事制限をするダイエットは確実に痩せるのですが、デメリットも多いのです。

私は生理が止まりました。
このときは、排卵が無くなり、産婦人科で薬をもらい治療しました。
初めから無理をしすぎると長続きしないということが経験から分かりました。

常日頃、歩くときにお尻に力を入れて、多少、大またで歩くだけでも違ってきます。
年齢が上がるにつれて、体を動かすこと自体が減り、基礎代謝が下がっていく気がします。
そのせいか、一生懸命、ダイエットをしても、自分が思うように体重が減少しません。

まず体質改善を行わないとダメですね。
まずは、体温を上げるために、生姜湯から、行いたいと思います。
寒いときにはもってこいの飲み物ですし、これがあれば代謝がアップするでしょう。

基礎代謝を良くする事は痩せる効果があります。
普段汗があまり出ないという方は、体内に不要な汚れが溜まりやすくなってしまいます。
老廃物が溜まってしまうと基礎代謝が下がってしまい、汗をあまりかかない人は太りやすくなります。

基礎代謝を上げることで汗をかきやすい体へと変化させることが大切です。
ダイエットにはよく有酸素運動が効果的だと聞きますが、有酸素と無酸素の違いといいますか、境界線がわかりません。
良く聞くのは、息は上がるけれど、汗はあまりかかない程度というのが、判断するようです。

しかし、発汗の状況は環境によっても変わりますよね。
もっとはっきりとした基準があればダイエットしたいと思います。
有酸素運動は20分より多く運動しないと効果がないといわれてきましたが、今は何度かにわけても20分を超える時間を運動していれば効能があるといわれています。

と同時に、筋トレのほとんどは有酸素運動とは反する運動ですが、無酸素、有酸素両方の運動をかわるがわる行うことで効果をよりアップさせることが、可能です。
歳と共にだんだんと体が張りがなくなってきました。
減量するためには運動と食事の管理が一番だとは思いつついっこうに時間が設けられずに実施できませんでしたが、長い時間を隔てて体重計にのってみて驚いたんです。

まずは無理なく運動に取り組むために、日頃の移動手段を歩きにすることから始めてみました。
これでちょっとでもダイエット効果がでるといいなーと思います。

ルキナ 仙川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です